エコロジー,省エネ,ゼロエミッションサイト エコなかけん

ソーラー発電システム、耐震・免震・制震工法、遮熱機能塗料、LSS流動化処理工法、土壌汚染浄化システム、大スパン無柱工法大空間倉庫などの技術をご提案。

2007年の記事一覧

クリーンロード作戦に参加

クリーン・ロード作戦に参加して・建築本部住宅事業部 新村麻由美

平成19年6月23日9時45分から、国道1号線の中田島交差点〜福塚交差点までの歩道とグリーンベルト内の清掃活動を中村建設とグループ会社、オイスカ高校の留学生、NPO法人の方々の百名以上の皆さんと協力して一生懸命にゴミを拾いました。考えていたよりも空き缶や大きなゴミは少なく、タバコの吸殻などの小さなゴミが目立ちました。
今回、私は初めてクリーン・ロード作戦に参加させて頂きましたが、ゴミを拾いキレイにしようという気持ちで取り組んだ事で、自分自身は、ゴミは絶対に捨てないようにしようと、より強く思う様になりました。一人一人が浜松をキレイにしようという気持ちを持ち、気をつけて頂ければ、よりキレイな街になる事と思います。
070623.jpg

平成18年度磐田市アダプト・ロード報告会にて報告を実施

磐田市・ワークピア磐田で開催の平成18年度磐田市アダプト・ロード報告会において、弊社のアスファルト合材工場『磐田瀝青舗材共同企業体』(通称:イワレキ)松下工場長が、企業参加型アダプトの事例報告を行いました。
ダプト・プログラムとは、一定区画の公共スペースを養子に見立て、地元企業などが里親になり清掃美化を行い、それを行政が支援するというものです。磐田市においては平成17年度から試行を始め、平成18年度から本格的に導入され、自治会は元より、地域の有志、法人企業及び小学校に至るまで、様々な団体の皆さんがアダプト活動に参加しています。
磐田市で営業活動をしているイワレキでも、何か地域貢献できることはないか検討をした結果、工場周辺道路の異常個所等のパトロール及び補修を年に数回行う計画を立て、社員やアスファルト合材を運ぶダンプトラックの運転手、工場に出入りする協力業者の方々にもお願いして活動を実施しました。
今回は昨年実施した磐田市岩井の桶ケ谷沼ビジターセンター周辺道路補修について報告を行いました。次回は5月に活動を計画していますが、今後もイワレキとしてアダプトプログラムを継続していき、少しでも磐田市ならびに周辺の地域に貢献できるよう社員一丸となって頑張っていく所存です。
また、桶ケ谷沼の環境保護活動も継続して実施していきます。
070313.jpg