耐震・制震、免震工法
土壌汚染浄化システム LSS流動化処理工法 お掃除突撃隊 耐震・制震・免震工法 大スパン無柱工法(Y-PLAS) ソーラー発電(太陽光発電)

地震に備える

  • いつ起こるかわからない東海地震。地震対策は万全ですか?
  • 中村建設では、あなたの命と資産の安全な確保に三つの工法をご提案します。
  • また豊富な実績と技術で、耐震診断から改修工事、アフターメンテナンスまでトータルでサポートします。

地震対策工事には3つの方法があります

01.耐震補強工事
学校などの公共建築物や工場などを主体とした補強工事(コンクリート壁・鉄骨ブレース壁の設置等)では、 豊富な実績・経験があります。
02.制震補強工事
制震ダンパーにより地震のエネルギーを吸収し、揺れを減衰させるシステムです。
03.免震工事
静岡県内では初の免震構造建物マンション「ハーベストヒルズ」(浜松市・建設当初は全国でも実験棟を併せて9番目という早さ)の建築を行った実績があります。他にも浜松市地域情報センターの部分免震装置施工の実績があります。
耐震・制震・免震構造それぞれの特徴
 
耐震構造 制震構造 免震構造

あらかじめ想定した部材にある程度の損傷を加えることによって、エネルギーを吸収させ、地震力にに耐える安全性を確保する。ただし、大地震後は補強が必要となる。

建物内部に取り付けたダンパーによって地震のエネルギーを吸収し、建物の応答を小さくして損傷を抑える。大地震後はダンパーの点検を行う。

積層ゴムなどを用いて建物を長周期化させ、地震動の建物への入力を減らす。建物の揺れは非常に小さくなる。大地震後は免震装置の点検を行う。

 

工場内の操業を停めることなく
施工ができます。

工場内の操業を停めることなく
施工ができます。

 

政府中央防災会議 東海地震に関する専門調査会

  • 耐震・制震・免震改修実績
  • お問合わせ
  • eco-nakakenブログ+トピックス